主な教育業績一覧

2020年5月20日現在

学術論文・著書以外の著作教育実践業績(授業担当等)教育実践業績(各種委員会)教育実践業績(課外等学生指導)

学術論文・著書以外の著作

著者名 作品名 出版年月
松田裕雄 実践型研修プログラムから考える,よきチームをつくる組織論.コーチング・クリニック10月号,㈱ベースボールマガジン社,pp.8-13 2019
松田裕雄 難しいことをより易しく!でも深く!されど子供でもわかるくらい簡単に.X-Angle Vol.3,ゼビオ㈱,pp3-4 2015
松田裕雄,細田真帆,澤田悠太,高橋健太郎,堀憲佑 筑波大学未来構想大学講座自由科目キャリア形成科目群「浪漫の覚醒-市場を創るスポーツビジネス実戦実習-」報告書.筑波大学平成25年度浪漫の覚醒 2014
朝日健太郎,乙武洋国,松田裕雄,ほか シンポジウム取材記事掲載(日本経済新聞),「元気な日本はビーチから」,第46024号 2014.3
松田裕雄,ISHRM Insights(ジェイ・シャーム・インサイト)第75号 アスリートスポーツにおける組織マネジメント,日本人材マネジメント協会事務局,pp.2-7 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄 「野球の明るい未来のために・・」代表常設化が目指す成果とマネジメント‐侍ジャパンのビジネス・マネジメントモデル,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,武田丈太郎,石元龍太郎 21世紀の豊かなスポーツ環境をITで実現する!-広告代理店発ベンチャー企業のマネジメント-,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,小俣よしのぶ,武田丈太郎,星野佳路 ヒトが最大の資源!運営力の達人が日本の観光をヤバくする!-文化を産業にする価値創造マネジメント-,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,小俣よしのぶ,武田丈太郎,河野博明 地域一体型・一貫型ビジネス-総合型スノーリゾート「㈱野沢温泉」のマネジメント-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,小俣よしのぶ,武田丈太郎,朝日健太郎 新たなビーチライフを創造する事業展開-朝日健太郎のキャリアマネジメント,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,小俣よしのぶ,北谷賢司 エンタテイメントビジネスとプロモーター-ドクターKのビジネスマネジメント,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄,望月美佐緒 フィットネスビジネスの新たな成長戦略‐㈱ルネサンスの事業展開と望月美佐緒,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄 壮大なチャレンジ-プロヨットレーサー白石康次郎-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,小俣よしのぶ スポーツで価値を創造する企業-株式会社スポーツビズの発祥と事業-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,小俣よしのぶ スポーツの国を創ろう-中村考昭のキャリアとビジネス観-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄 プロバスケットボール球団で地域に価値創造-株式会社リンクスポーツエンターテイメントの創業-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄,石川慎之助 サッカーで地域に多様な価値を創造する組織-株式会社つくばFC&NPO法人つくばフットボールクラブの発祥と事業-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄,小俣よしのぶ 高度競技者としての起業家-石坂有紀子のデュアルキャリア-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄 アジア圏域の底上げを目指すJリーグのマーケティングマネジメント-アジア戦略室長 山下修作の挑戦-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄 総合エンタテインメント企業がスポーツで創造する世界-avexの挑戦-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,武田丈太郎,松田裕雄 ディーター・ハーベル-アディダスジャパン㈱・リーボックジャパン ブランドプレジデント-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄 「戦いを略す」戦略で臨んだ1000日改革 荒木重雄,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,武田丈太郎,松田裕雄 東京がひとつになる日-東京マラソン・プロデューサー早野忠昭,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
松田裕雄 国際性でマネジメントするスポーツとは-村里敏彰の世界観-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
武田丈太郎,松田裕雄 スポーツの価値で高める企業成果-アスリートビジネスマン鳥羽賢二-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄 起業家的トレーナー-鈴木岳が育む業界再活性のシーズ-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
小俣よしのぶ,松田裕雄 文化を産業にしていく起業家・青木義人-四位一体モデルが育むダンスの新しい未来-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2013
上西葉子,吉田国夫,松田裕雄 転職が天職を創る-Jリーグ広報室長 吉田国夫の試み-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2012
武田丈太郎,元橋二郎,小俣よしのぶ,松田裕雄 競技の価値から新たな自己創造-スポーツキャスター,荻原次晴の試み-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2012
武田丈太郎,松田裕雄 プロゴルファー藤井かすみ,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2012
松田裕雄,小俣よしのぶ ダンスで価値を創造する起業-ダンスは地域ビジネス!筑波大学発ベンチャーの進化-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2012
小俣よしのぶ,松田裕雄,武田丈太郎 高校教師からプロ野球スカウトディレクターへ-大渕隆の進化と組織・チームマネジメント-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2012
松田裕雄 国内初・スポーツコミッション創設にあたって-さいたま市スポーツコミッション基本計画の背景概要-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2012
松田裕雄 スポーツとグローバル戦略-半田裕のキャリアとビジネス観-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2012
松田裕雄 独立動楽の精神で生きる究極のプロスキーヤー-畑中みゆき-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
小俣よしのぶ,松田裕雄 理念重視型企業がスポーツで創造する世界-ドームの挑戦と進化-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
松田裕雄 “こころを動かすスポーツ”のマネジメント-改革の鬼!諸橋友良の挑戦と進化-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
小俣よしのぶ,松田裕雄 アカデミックキャリアからのスポーツ・ビジネスマネジメント-嘉数駿の熱き野球魂-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
松田裕雄 つくば市・筑波大学地学連携事業 東西インカレinつくば-総売上高4千万円の入場無料事業,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
松田裕雄 自らの意識を高めるとは-荒川静香-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
相原正道,松田裕雄 NHK スポーツ報道記者から電通スポーツ局へのキャリアチェンジ-上西葉子の挑戦-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
小俣よしのぶ,松田裕雄 クラブ経営と地域密着の神髄-ヴァンフォ-レ甲府 海野社長の奮迅-,教材用ビジネスモデルケース,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
松田裕雄 努力の天才!不屈の闘志でキャリアデザイン-水泳選手から舞台役者,そして俳優へ-,筑波大学産学連携推進プロジェクト(アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト)開発教材 2011
松田裕雄,体育・スポーツ事故責任安全対策質疑応答集第2巻 44) 松田裕雄,体育・スポーツ事故責任安全対策質疑応答集第2巻:第3章 集団スポーツ/バスケットボール/「高校バスケットボール部練習後,女子部員が熱中症で記憶障害」の項目の「安全対策上の留意点」.ぎょうせい出版,3327・9‐3327・11 2011
松田裕雄 雑誌インタビュー取材記事掲載(日本文化出版),月刊バレーボール 日本バレーボールトップリーグの今までとこれから,pp104-105 2011.2
松田裕雄ほか 運動学入門6スポーツとベンチャー・ビジネス-大切なエッセンスとは?体育科学入門テキスト(Ver.11),筑波大学体育専門学群,pp.157-168 2011
松田裕雄ほか 運動学入門6人・組織を活かすマネージメントコーチングとリーダー.体育科学入門テキスト(Ver.10),筑波大学体育専門学群,pp.155-160 2010
松田裕雄,吉岡利貢,金谷麻理子,河村レイ子 日本における大学体育発祥の背景と理念に関する調査報告-GHQの戦後教育改革に着目して-(筑波大学体育センター科学研究費補助金プロジェクト「知の競争時代における大学体育カリキュラム再構築に関する実践的研究」報告書),筑波大学体育センターSPERTプロジェクトG1 2010
松田裕雄,都澤凡夫ほか Official Report of 08-09V・challenge leagueホームつくばの陣 ファイナルリーグ最終戦,08-09Vリーグinつくば実行委員会 2009
松田裕雄,都澤凡夫ほか 大学発総合型地域スポーツクラブによる地域教育プログラムの開発と組織体制の開発,財団法人松下教育財団 2009
松田裕雄ほか TUV冒険の手引-全社規約・規程集第三版-,NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL,pp.1-65 2009
松田裕雄,都澤凡夫ほか 2007-08シーズンTUV白書(筑波大学バレーボール研究室プロジェクト「21世紀型ユニバーサルプロスポーツクラブの開発-起業スポーツの実践と確立-」報告書),NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL 2008
松田裕雄,都澤凡夫ほか 07/08V・チャレンジリーグ男子茨城大会ホームつくばの陣,07-08Vリーグinつくば実行委員会 2008
林孝彦,西尾博樹,飯島直樹,岡野実,早野容司,松田裕雄,大徳保,内田聡和,梅北精倖,松居英雄,高田一慶 「2008年度HG小委員会レポート」活動報告と今後のホームゲームのあり方について,有限責任中間法人日本バレーボールリーグ機構 2008
松田裕雄 外国籍選手登録・出場選手枠数について.Vリーグ登録規定検討報告書,有限責任中間法人日本バレーボールリーグ機構・Vリーグ登録規定検討委員会 2008
松田裕雄,都澤凡夫ほか 「21世紀つくばスタイル・スポーツ」のプロデュース-地学連携スポーツイベント及びネットワークの開発-2008東西インカレバレーボール男子王座決定戦inつくばOfficial Report of 2008 Touzai Incolle冒険の書(筑波大学社会貢献プロジェクト支援経費報告書),2008東西インカレ実行委員会,pp.1-48 2008
丸山誠,山下仁,永田幸雄,梅北精倖,松田裕雄ほか Vリーグ中期改革プロジェクト結果報告,有限責任中間法人日本バレーボールリーグ機構 2007
松田裕雄 「21世紀つくばスタイル・スポーツ」のプロデュース―2007/08 V・チャレンジリーグ男子茨城大会~ホームつくばの陣~.つくば市市長公室市民提案型つくばスタイル事業交付金事業実績報告書,つくば市市長公室 2007
松田裕雄,都澤凡夫ほか 特定非営利活動法人つくばユナイテッドVOLLEYBALLが展開する「TUVインタースポーツスクール」の開催事業がスクール生に及ぼす効果について,財団法人松下教育財団 2007
松田裕雄 運動学入門6人・組織を活かすマネージメントコーチングとリーダー.体育科学入門テキスト,筑波大学体育専門学群(Ver.6)(阿江通良ほか),pp.155-160 2007
松田裕雄,荒木祐亮,佐々木絵理ほか Official Report of 2005 Touzai Incolle -繋ぎの神髄-,東西インカレ実行委員会 2005
松田裕雄 スポーツ立国 フランスの芸術的組織デザイン~レクレーションスポーツからプロスポーツまで~後編.バレーボールワールドvol.3,有限会社studio108,pp.31-32 2005
松田裕雄 スポーツ立国 フランスの芸術的組織デザイン~レクレーションスポーツからプロスポーツまで~前篇.バレーボールワールドvol.2,有限会社studio108,pp.29-32 2005
松田裕雄 日本人とバレーボール バレーボール・アイデンティティ.バレーボールワールドvol.1,有限会社studio108,pp. 28-29 2004
松田裕雄,都澤凡夫ほか 大会報告書-2004東西インカレバレーボール男子王座決定戦inつくば-,東西インカレ実行委員会 2004
松田裕雄 「つくばスポーツ探検隊」報告書.つくば市,pp. 23-29 2003
松田裕雄,都澤凡夫ほか 2003東西インカレバレーボール男子王座決定戦inつくば大会報告書,東西インカレ実行委員会 2003

▲戻る

教育実践業績(授業担当等)

筑波大学大学院人間総合科学研究科(体育系・体育センター)2006.4~2014.3

氏名 委員名等 期間
松田裕雄 大学院共通科目兼学群総合科目/大学院・学群自由科目特設講座 未来構想大学講座
「プロフェッショナルマネジメント-スポーツで学ぶビジネスとキャリア」(全16単位のスポーツマネジメントカリキュラム)

学群・学類・大学院・専攻横断型のオリジナル特別講座として立ち上げた全16単位のプログラムであり,目的は,「スポーツ,サービス産業の市場活性化及び雇用創出に寄与できる起業家的人材の育成」としている。スポーツ・ビジネスマネジメントに関するエッセンスを体得すること,起業家的精神と実務能力を養うことの2つを基軸に,3段階のレベルに分かれた講座を設置している。講師,インターン実習先,視察体験先等をスポーツ競技界,産業界,大学界一体型でアレンジし,プロデュースした。
延べ約1500名の学生が受講し,高い授業評価と満足度を更新し続けた。プログラム内の講座では,全国大学・大学院ビジネスプランコンペ大会でファイナリストに選ばれるチームが輩出されていることや,一部の受講者は実際にスポーツビジネス最前線の職場に就職していることから,プログラムとしての一定の成果が確認されている。

ⅰ.大学院・学群総合科目「勇者の鼓動-未来を創るスポーツ王国論Ⅰ・Ⅱ」(1・2学期/各2単位)
ⅱ.学群選択自由科目(キャリア形成科目群)「王国の息吹-価値を創るスポーツ・ビジネスマネジメント実習国内編・海外編」(各3単位・集中)
(国内編)
・エイベックス・グループホールディングス㈱:夏フェスのビジネスモデル及びマーケティング戦略-a-nationを題材に-,2012~2013
・ゼビオ㈱:スポーツ小売業の新たなマーケティングモデル-日産スタジアム近接XSPOTの事業展開-,2012~2013
・㈱ユニバーサルスポーツマーケティング:アイスショービジネスとマネジメント-荒川静香プロデュース フレンズオンアイス実行委員会の事業展開,2012~2013
・NPO法人DanceAssociationSeeds,㈲D-Life:地域発ダンススクールビジネスの展開するサマーキャンプ事業-トレーディングアームビジネスに学ぶ,2011~2013
・㈱ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ-地域クラブ発プロ球団J1ヴァンフォーレ甲府の土着ビジネスとHG運営-,2011~2013
(海外編)
・University of California,Irvine:大学スポーツビジネスのマネジメントに関する学習プログラム-施設空間ビジネスに着目して-,2012~2013
・Irvine City Community Services Department Athletics and Aquatics:米国カリフォルニア州アーバイン市におけるスポーツ行政マネジメント学習プログラム,2012~2013
・Wood Bridge Village Association及びWood Bury Village(Irvine City内Irvine Company開発地域) :計画的一体型開発地域における住環境とスポーツ環境融合型ビジネスマネジメント教育実習プログラム,2012~2013
・Lake ForestⅡ Master HomeOwners Association(Lake Forest市内Occidental Petroleum Corporation社開発地域):計画的一体型開発地域における住環境とスポーツ環境融合型ビジネスマネジメント教育実習プログラム,2013~2014
・Mike Puritz (University of California,Irvine Anteater recreation center associate director):米国カレッジスポーツ・マネジメント(レクセンター事業編)における体験実習プログラム,2013~2014
・John Hauscarriague (University of California,Irvine Athletic center associate director):米国カレッジスポーツ・マネジメント(アスレチックセンター事業編)における体験実習プログラム,2013~2014
・Athletes’ Dream Management Inc:米国西海岸地域におけるスポーツ・ビジネスマネジメント学習ツアープログラム-ロサンゼルスを中心に-,2012~2014
ⅲ.学群選択自由科目(キャリア形成科目群)「浪漫の覚醒-市場を創るスポーツ・ビジネス実戦実習-」(各単位・集中)
・ゼビオ㈱,つくば市体育協会協働:学生によるスポーツビジネス起業実戦体験実習-ゼビオドームを用いた新規市場開拓,2013~2014
ⅳ.共通科目・体育(特設自由科目)「賑わい創造-地域を繋ぐスポーツ・イベントマネジメン  ト実習」(3単位)2006~2014
・NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL:大学ベンチャープロ球団経営のヒューマンリソースマネジメント,2006~2010
・FLV実行委員会:参加型市民スポーツイベントマーケティングにおけるマネジメント手 法,2006~2014
・東西インカレ実行委員会:東西インカレバレーボール男子王座決定戦inつくばのプロデュ ースとマネジメント,2003~2006

2010~2014
松田裕雄 大学院専門科目・体育「バレーボールコーチング論Ⅰ」(1単位) 2009~2014
松田裕雄 学群専門科目・体育「バレーボール方法論演習」(3単位) 2009~2014
松田裕雄 社会人大学院選択科目・体育「スポーツ・イベントマネジメント論特講」(1単位) 2008~2010
松田裕雄 大学院共通科目・学群共通科目「ビーチスポーツ」(1単位) 2012~2014
松田裕雄 学群選択科目「スノースポーツ」(1単位 集中) 2008~2011
松田裕雄 学群共通科目「バレーボール」(1単位 通年) 2008~20141)

▲戻る

教育実践業績(各種委員会)

氏名 委員名等 期間
松田裕雄 学生生活委員会委員 2010~2014
松田裕雄 キャリア支援室室員 2010~2014
松田裕雄 地域連携推進室室員 2008~2010

▲戻る

教育実践業績(課外等学生指導)

指導者名等 作品・記録名等 記録年月
松田裕雄 授業(前掲未来構想大学講座「王国の息吹-価値を創るスポーツ・ビジネスマネジメント実習」内)指導学生ビジネスプランコンテスト全国大会ファイナリスト選出.University Venture Grand Prix2013,大学・大学院起業家教育推進ネットワーク,経済産業省 2013.12
松田裕雄 筑波大学体育会医学支部女子バレーボール部監督.第80回関東医歯薬連女子バレーボール大会優勝 2007.11
松田裕雄 筑波大学体育会医学支部女子バレーボール部監督.第76回関東医歯薬連女子バレーボール大会準優勝 2005.11
松田裕雄 筑波大学体育会医学支部女子バレーボール部監督.第75回関東医歯薬連女子バレーボール大会優勝 2005.6
松田裕雄 筑波大学体育会医学支部女子バレーボール部監督.第74回関東医歯薬連女子バレーボール大会優勝 2004.11
松田裕雄 筑波大学体育会医学支部女子バレーボール部監督.第73回関東医歯薬連女子バレーボール大会優勝 2004.6
松田裕雄 筑波大学体育会医学支部女子バレーボール部監督.第71回関東医歯薬連女子バレーボール大会優勝 2003.6
松田裕雄 筑波大学体育会医学支部女子バレーボール部監督.第70回関東医歯薬連女子バレーボール大会優勝 2002.11

▲戻る

2020年5月20日現在

著書査読付学術雑誌論文査読無学術雑誌論文招待講演等外部資金獲得状況(代表)外部資金獲得状況(分担)研究発表

著書

著者名 書名/掲載誌名/出版社名 出版年月
松田裕雄,武田丈太郎,折笠愛,濱崎正直,相原正道,岡田幸彦,高橋義雄,渡和由 起業家教育実践報告書2014スポーツ産業市場を活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践(筑波大学リサーチユニット科学研究費補助金),pp.1-130 2015.3
金谷麻里子,松田裕雄,武田丈太郎,桐生習作 Ⅱ G1活動報告 Ⅲ G1研究成果.知の競争時代における大学体育モデルの再構築に関する実践的研究(科学研究費補助金),pp.1-82 2013
松田裕雄,金谷麻理子,武田丈太郎,桐生習作 海外視察調査報告書2011米国東海岸周辺地域のボーディングスクールにおけるスポーツ教育の実態(筑波大学体育センター科学研究費補助金),筑波大学体育センターSPERTプロジェクトG1,pp.1-80 2013
松田裕雄 第4章スポーツ・イベントマネジメント-東西インカレinつくば-総売上高4千万円の入場無料事業-.実践から読み解くスポーツマネジメント,晃学出版,pp.73-94 2011
松田裕雄,吉岡利貢 海外視察調査報告書2010 米国カリフォルニア州周辺地域のスポーツ環境と価値観(筑波大学体育センター科学研究費補助金プロジェクト「知の競争時代における大学体育カリキュラム再構築に関する実践的研究」),筑波大学体育センターSPERTプロジェクトG1,pp.1-98 2011
遠藤俊郎,小林宜彦,後藤浩史,吉田清司,橋本吉登,廣紀江,田中博史,松田裕雄 Q50初心者と経験者を同時に指導する時のポイントは何でしょうか?Thinking volleyball バレーボール100Q入魂 どうすればパフォーマンスアップできるかに応える100のQ&A,日本文化出版株式会社,p.73 2005

▲戻る

査読付学術雑誌論文

著者名 表題/書名/掲載誌名/出版社名 出版年月
松田裕雄,武田丈太郎,小俣よしのぶ,渡和由,高橋義雄,岡田幸彦,相原正道,折笠愛,濱崎元直 スポーツ産業市場を活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践―筑波大学未来構想大学講座「プロフェッショナルマネジメント-スポーツで学ぶビジネスとキャリア」(全16単位)より―.日本ベンチャー学会誌ベンチャーレビュー,No.25,pp.67-72 2015
金谷麻理子,小山宏之,富川理充,向後佑香,相羽美幸,吉松梓,桐生習作,松田裕雄,吹田真士,吉岡利貢,宮下憲 「大学体育」のカリキュラムの違いが長期的な教育効果に及ぼす影響-T大学卒業生を対象としたアンケート調査に基づいて-.大学体育研究,第36号,pp.17-28 2014
松田裕雄,吉岡利貢,河村レイ子,桐生習作,金谷麻理子,武田丈太郎,門野洋介 大学体育の価値向上に向けた一考察-教育実践における目標・教授・学習に着目して-.大学体育学,第9号,pp.69-92(平成24年度大学体育優秀論文賞受賞.一般社団法人全国大学体育連合,2012.8,) 2012
松田裕雄,佐藤由法 V・チャレンジリーグにおけるホームゲーム事業経営-つくばユナイテッドのビジネス構造-. バレーボール研究,第13巻,pp.14-29 2011
松田裕雄 スポーツ・アントレプレナーシップ教育の実践-地域を創るスポーツ・デザインプロデュース-.大学体育研究,第33巻:pp.31-40 2011
松田裕雄,金谷麻理子,吉岡利貢,小田梓,吹田真士,川村卓,小山宏之,白木仁,橘直隆 筑波大学体育センターの教育事業におけるカリキュラム概念基本構造の変遷.大学体育研究,第32巻:pp.7-18 2010
秋山央,中西康己,松田裕雄,都澤凡夫 バレーボールにおけるセッターのパフォーマンス評価基準の提示-男子トップレベルを対象として-. スポーツコーチング研究,第6巻:pp.1-17 2008
佐藤由法,都澤凡夫,中西康己,松田裕雄,秋山央 バレーボールにおけるローテーションの評価に関する研究.バレーボール研究,第9巻:pp.40-47 2007
佐藤重芳,都澤凡夫,中西康己,松田裕雄,秋山央,松井泰二 バレーボールゲームにおけるリベロプレーヤーに関する研究. バレーボール研究,第9巻:pp.31-39 2007
金谷麻理子,鍋山隆弘,三木ひろみ,成瀬和哉,堀出知里,松元剛,鍋倉賢治,松田裕雄,遠藤卓郎,山田幸雄 大学体育における成績評価をどうするか? 大学体育研究,第29巻:pp.53-66 2007
松田裕雄 バレーボールの国内トップリーグイベントにおけるイノベーションの誘発-クラスター・ビジョンの実践-.  レジャー・レクリエーション研究,第54巻:pp.33-49 2006
松井泰二,都澤凡夫,中西康己,松田裕雄 バレーボールのジュニア年代におけるコーチに関する研究1-千葉県におけるジュニアコーチのプロフィールに関する実態調査-. バレーボール研究,第6巻:pp.35-43 2004
松田裕雄,都澤凡夫,中西康己 フランスにおける統括組織のマネジメントに関する研究-FFVBに着目して-. バレーボール研究,第5巻:pp.6-17 2003

▲戻る

査読無学術雑誌論文

著者名 表題/書名/掲載誌名/出版社名 出版年月
金谷麻理子,松田裕雄 海外スポーツ教育事情「米国東海岸周辺地域のボーディングスクールにおけるスポーツ教育」.大学体育,NO102 公益社団法人全国大学体育連合:pp.100-102 2013
金谷麻里子,松田裕雄,武田丈太郎,桐生習作 Ⅱ G1活動報告 Ⅲ G1研究成果.知の競争時代における大学体育モデルの再構築に関する実践的研究:pp.1-82 2013
松田裕雄 アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト 松田裕雄プロジェクト スポーツ・ビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践.平成24年度ILC紀要,筑波大学産学リエゾン共同研究センター:pp.317-319 2013
武田丈太郎,向後佑香,松田裕雄,谷川聡,石坂有紀子 集中実技ビーチスポーツ新設.大学体育研究,第35号:pp.59-68 2013
金谷麻理子,松田裕雄 体育センタープロジェクト報告G1過去の総括グループ平成23年度活動報告. 大学体育研究,第34号:pp.53-56 2012
松田裕雄 アントレプレナーシップ教育及び知財教育支援プロジェクト-松田裕雄プロジェクト「スポーツビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践」-.平成23年度ILC紀要,筑波大学産学リエゾン共同研究センター:pp.316-319 2012
金谷麻理子,松田裕雄 体育センタープロジェクト報告G1過去の総括グループ平成24年度活動報告.大学体育研究,34:pp.53‐56 2012
松田裕雄 スポーツ・アントレプレナーシップ教育の実践-地域を創るスポーツ・デザインプロデュース-.大学体育研究,第33巻:pp.31-40 2011
金谷麻理子,松田裕雄 筑波大学卒業生に対する共通科目「体育」に関する調査報告.大学体育研究,第33巻:pp.51-68 2011
金谷麻理子,松田裕雄 体育センタープロジェクト報告G1過去の総括グループ平成22年度活動報告.大学体育研究,第33巻:pp.47-50 2011
金谷麻理子,松田裕雄 体育センタープロジェクト報告G1過去の総括グループ平成21年度活動報告.大学体育研究,第32巻:pp.63-66 2010

▲戻る

招待講演等

出演者名 講演内容等 開催年月
松田裕雄 これからの企業は競技スポーツとどう向き合うか?スポーツビジネスジャパン2019together with スタジアム&アリーナ2019,埼玉,日本スポーツ産業学会・㈱コングレ・㈱スペースメディアジャパン 2019
松田裕雄 「スポーツ」を活用したPPP(公民連携)の特性―動産価値で不動産価値を高める「スポーツ環境デザイン」的視点から-.平成30年度PFI/PPPセミナー,愛知,中部PFI/PPP研究会 2019
木下雅幸,西谷義久,島田信男,松田裕雄 スポーツで街をしあわせにする.YPMCイノベーションセミナー,スポーツビジネスジャパン2018in大阪スポーツビジネスジャパン2018,㈱山下PMC,大阪 2018
松田裕雄,三友奈々,渡和由 スポーツ×プレイスメイキングの可能性.まちづくりシンポジウム2018人と地域の個性が共演するプレイスメイキングのまちづくり,茨城,茨城県 2018
松田裕雄 スポーツの活用~手段から目的への転換~.スポーツツーリズム推進検討会及びスポーツ資源活用研修,茨城,茨城県企画部企画課 2018
青谷英将,井上規,富田興二,松田裕雄,三谷繭子,三友奈々,渡和由 下妻指揮プレイスメイキングを続けるヒント,茨城,下妻市 2018
松田裕雄 エリア活性をマネジメントする環境デザイン-「スポーツの利活用」と人材発掘・育成-.茨城体育学会シンポジウム,茨城,茨城体育学会 2018
松田裕雄 スポーツを活用したまちづくり,ひとづくりとは何か?サマーベースボールフェスティバル,北海道,㈱北海道日本ハムファイターズ 2018
松田裕雄 ラグビーワールドカップで港区の価値を高める.第78回みなとスポーツフォーラム,東京,公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団・公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 2017
松田裕雄 北海道におけるスポーツの可能性.北海道スポーツコンベンション2017,北海道,㈱北海道日本ハムファイターズ 2017
梶谷俊介,柴山昌彦,松田裕雄,松橋崇史 スポーツ産業とスポーツコミッション.日本スポーツ産業学会第26回大会,東京,日本スポーツ産業学会 2017
松田裕雄 スポーツでマネジメントするグローバル人材の発掘と育成.ShiriBeshiグローバル人材育成プラン連続セミナー,北海道,北海道後志総合振興局 2016
松田裕雄ほか ウェルネスとまちづくり事例紹介.第6回すまい・まちづくりシンポジウム2016住人が育むコミュニティとウェルネス社会,東京,一般社団法人プレハブ建築協会 2016
松田裕雄ほか 健康長寿広報展inタイ「日本の健康長寿産業とスポーツ教育」,独立行政法人日本貿易振興機構 在タイ日本国大使館,タイ 2016
朝日健太郎,乙武洋匡,松田裕雄,飯沼誠司 海辺活性化プロジェクト「元気な日本はビーチから」-21世紀,日本のビーチはこうなる そしてこんなに潤う,NPO法人日本ビーチ文化振興協会,東京 2014.3
高橋義雄,松田裕雄,渡和由,村林裕 スポーツ環境デザインを考える.日本スポーツマネジメント学会第6回大会,東京 2013.12
高橋義雄,山口香,石坂有紀子,平田竹男,松田裕雄 スポーツ産業における「女性の活躍」.日本スポーツ産業学会第22回大会,東京 2013.10
松田裕雄 健康アライアンス勉強会(㈱ルネサンス ヘルスケア事業本部,東京 2013
松田裕雄,金谷麻理子,小林勝法 大学体育の理念.筑波大学体育センターフォーラム「大学体育の新時代に向かって」,東京 2013.2
松田裕雄 Vチャレンジリーグ男子茨城大会‐ホームつくばの陣‐.Vリーグホームゲーム事例発表会,一般社団法人日本バレーボールリーグ機構,東京 2013.10
松田裕雄 バレーボールとユニバーサルデザイン-地域を創る魅力とは・・・-.バレーボール学会第13回大会,つくばカピオ 2008.3
松田裕雄 TX沿線とアクティビティ・デザイン-トップチームで繋げるスポーツ・ベルトライン-.バレーボール学会第13回大会,つくばカピオ 2008.3
松田裕雄 「地域」密着の意義を問うことから探るバレーボールの可能性.バレーボール学会第11回大会フォーラムB,慶應義塾大学日吉キャンパス 2006.3
松田裕雄 伝統から夢へ,,つくばドリームフォーラム トッププロの創成.東西インカレバレーボール王座決定戦inつくば特別フォーラム.つくばカピオ 2005.7
松田裕雄 つくばユナイテッドVOLLEYBALL.つくば発未来行き つくば国際会議場TX開業記念事業(財団法人茨城県科学技術振興財団),つくば国際会議場 2005
松田裕雄 つくば市のスポーツ振興の現状と課題‐バレーボール振興に向けた取組み‐.つくばスポーツ探検隊(筑波大学・つくば市教育委員会),筑波大学体育専門学群 2003.3
Yasuo Matsuda Peculiarities of women’s volleyball team – Focused on Japan National team and Tsukuba Univ team-,FIVB Coach Course StageⅡ(Federation of International Volley Ball).Bangkok Thailand 2003.9

▲戻る

外部資金獲得状況(代表)

獲得者名 獲得内容 獲得年月
松田裕雄,岡田幸彦,高橋義雄,渡和由 地域創生に寄与するストック活用型リノベーション手法の研究開発‐猪苗代湖志田浜周辺区域のスポーツ資源を通じた再開発実践,平成27年度筑波大学産学連携推進プロジェクト・ベンチャー創業プロジェクト採択,筑波大学国際産学連携本部  (\1,500,000) 2015
松田裕雄 スポーツ実技指導を通じたマインドセット教育の質的効果的向上に関する研究,共同研究契約締結,フランクリン・コヴィージャパン㈱  (\880,000) 2013.7
松田裕雄,高橋義雄,渡和由 最先端スポーツ環境デザイン集積地を活用したビジネスマネジメント教育-米国アーバイン市及びUCIを拠点として-,平成25年度筑波大学研究科戦略プロジェクト等支援事業国際・社会連携教育推進プロジェクト採択,筑波大学人間総合科学研究科  (\700,000) 2013.6
松田裕雄,田中和弘 トップアスリートのセカンドキャリア活性化を支援する教育講座,平成25年度筑波大学産学連携会ベンチャー助成金事業採択,筑波大学産学連携会  (\500,000) 2013.6
松田裕雄,高橋義雄,渡和由,武田丈太郎 スポーツ産業市場活性化及び雇用創出に寄与する起業家的人材育成プログラムの開発,平成25年度科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究採択,日本学術振興会  (\3,770,000) 2013.5
松田裕雄,風間八宏 スポーツビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践,平成23年度筑波大学産学連携プロジェクト・アントレプレナーシップ教育及び知財教育プロジェクト採択,筑波大学産学リエゾン共同研究センター  (\1,200,000) 2011
松田裕雄 スポーツアスリートの職能・人的ネットワーク・雇用機会を拡大・拡充させる教育プログラムに関する研究,共同研究契約締結,㈱スポーツビズ 合同会社アスリートライフ  (\400,000) 2011.4

▲戻る

外部資金獲得状況(分担)

獲得者名 獲得内容 獲得年月
渡和由,松田裕雄 スポーツ環境デザインの開発と実践-福島県猪苗代町志田浜に着目して,奨学寄付金研究,ゼビオ㈱  (\3,000,000) 2015.10
渡和由,松田裕雄 地域資源を活用するプレイスメイキングとスポーツ環境デザインの研究,奨学寄付金研究,ゼビオ㈱  (\3,000,000) 2014.10
高木英樹,宮下憲,遠藤卓郎,金谷麻理子,松田裕雄 知の競争時代における大学体育モデルの再構築に関する実践的研究,平成21年度科学研究費補助金 基盤研究(A),日本学術振興会  (\25,740,000) 2009
都澤凡夫,松田裕雄 大学発総合型地域スポーツクラブによる地域教育プログラムの開発と組織体制の開発,助成事業,財団法人松下教育財団  (\2,000,000) 2006~2007
都澤凡夫,松田裕雄 21世紀ユニバーサルプロスポーツクラブの開発-起業スポーツの実践と確立,奨学寄付金事業,NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL  (\1,000,000) 2006~2010
都澤凡夫,松田裕雄 21世紀ユニバーサルプロスポーツクラブの開発-起業スポーツの実践と確立,協賛金事業,㈱ライトオン 利根コカ・コーラボトリング㈱ 和興通信工業㈱  (\22,000,000) 2006~2010
都澤凡夫,松田裕雄 21世紀つくばスタイル・スポーツのプロデュース,つくば市市長公室市民提案型つくばスタイル事業交付金,つくば市市長公室  (\1,440,000) 2006
都澤凡夫,松田裕雄 スポーツ・学生・地域三位一体の活性化-東西インカレバレーボール男子王座決定戦inつくばの開催-,平成15~19年度筑波大学社会貢献プロジェクト採択  (\5,000,000) 2003~2006

▲戻る

研究発表

研究者名 研究内容 発表年月
松田裕雄,高橋義雄,武田丈太郎,渡和由,相原正道,小俣善信,高柳公一,上西葉子,鈴木美伸,田中和弘 産学連携スポーツ・アントレプレナーシップ教育プログラムの開発と実践-「勇者の鼓動」と「王国の息吹」.日本スポーツマネジメント学会第5回大会,東京 2012.12
松田裕雄,渡和由,吉岡利貢 スポーツ環境の充実を図る計画的一体型開発地域の事例研究‐カリフォルニア州アーバイン市内ビレッジに着目して‐.日本スポーツマネジメント学会第3回大会,神奈川 2010.10
Mariko Kanaya,Yasuo Matsuda,Toshitsugu Yoshioka,Hiroyuki Koyama,Ken Miyashita Characteristics of Physical Education curriculum of Sport and Physical Education Center in University of Tsukuba.  日本スポーツ教育学会第30回記念国際大会,東京,2010.10.
4) 小山宏之,金谷麻理子,松田裕雄,宮下憲:卒業生における「大学体育」に対する授業評価-大学における教養教育としての体育の教育効果.日本体育学会第61回大会,愛知
2010.10
小山宏之,金谷麻理子,松田裕雄,宮下憲 卒業生における「大学体育」に対する授業評価-大学における教養教育としての体育の教育効果.日本体育学会第61回大会,愛知 2010.10
金谷麻理子,松田裕雄,吉岡利貢,宮下憲 筑波大学体育センターにおける「大学体育」カリキュラムの変遷. 日本体育学会第61回大会,愛知 2010.9
松田裕雄,佐藤由法 V・チャレンジリーグにおけるホームゲームの興業化に関する実践研究‐つくばユナイテッドの事業展開-.日本スポーツ産業学会第19回大会,大阪 2010.7
松田裕雄 大学発プロスポーツ組織の開発-つくばユナイテッドの実践-.スポーツ産業学会第12回学会大会,東京 2007
秋山央,中西康己,松田裕雄,都澤凡夫 バレーボールにおけるセッターのパフォーマンス評価基準の作成.日本バレーボール学会第12回会大会,埼玉 2007
佐藤由法,都澤凡夫,中西康己,松田裕雄,秋山央 バレーボールにおけるローテーションの評価に関する研究.日本バレーボール学会第16回大会,埼玉 2007
松田裕雄,福原祐三 Vリーグから広域ナショナルリーグへの構想と可能性~東アジアにおけるグローバル化と地域統合の観点から~. 日本バレーボール学会第10回記念大会,東京 2005
松田裕雄 バレーボールにおける国内競争力と国際競争力の相関性‐海外ナショナルリーグからの考察‐.日本体育学会第56回大会,茨城 2005
松田裕雄,都澤凡夫,嵯峨寿 バレーボール振興が地域の「産学官民」連携及び「イノベーション」創出に機能する可能性-「2003東西インカレ男子王座決定戦inつくば」に着目して-. 日本スポーツ産業学会第12回大会,東京 2003
松田裕雄,都澤凡夫,中西康己 企業及び地域クラブのマネジメントに関する研究-経営タイプとビジョンに着目して-. 日本バレーボール学会第8回大会,東京 2003
松田裕雄 バレーボールにおける統括組織のマネジメントに関する研究‐「実業団」及び「クラブ」に着目して- . 日本スポーツ産業学研究第11回大会,東京 2002
松田裕雄 バレーボールにおける地域密着及びクラブ化に関する研究‐現状と今後の研究課題. バレーボール学会第7回大会,大阪 2002

▲戻る

会社実績一覧

2020年5月20日現在

公開講座等競技指導業績企業研修等指導業績その他指導業績実技・作品産学連携型研究プロジェクトからの起業と経営活動実績
産学連携型研究プロジェクトからの新規コンテンツ事業開発実績プロジェクトマネジメント・再開発事業実績社会的業績

公開講座等

講師名 講座内容等 開催年月
松田裕雄 スポーツの価値とビジネス.筑波大学重点公開講座 「醒めて起て!勇者の鼓動-スポーツの価値とビジネス」,東京  (全10回) 2012.1
松田裕雄 スポーツの価値とビジネス,キャリア,マネジメント.筑波大学産学連携講座2013「醒めて起て!勇者の鼓動‐スポーツの価値とビジネス・キャリア・マネジメント‐,東京  (全20囘) 2013-2014.1
松田裕雄,高橋義雄,渡和由,武田丈太郎 スポーツの価値とビジネス,キャリア,マネジメント.筑波大学産学連携講座2013「醒めて起て!勇者の鼓動‐スポーツの価値とビジネス・キャリア・マネジメント‐,東京  (全10回) 2014.1
都澤凡夫,中西康巳,松田裕雄 家庭婦人バレーボール指導,筑波大学公開講座  (全60回) 2001-2006
松田裕雄 スポーツマネジメントの世界-社会貢献への挑戦-.高大連携授業(群馬県立富岡高等学校),群馬 2009.11

▲戻る

競技指導業績

指導者名 指導内容等 指導年月
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSun GAIA監督兼ゼネラルマネージャー歴任期間中同球団所属指導選手(小川将司)ビーチバレー全日本代表選出.FIVBビーチバレーボールワールドカップファイナル2013大会男子大会 2013.5
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSunGAIA監督兼ゼネラルマネージャー.2009/10V ・チャレンジリーグ男子バレーボール大会第3位 2010.3
松田裕雄 つくばユナイテッドSun GAIA Jr.ユース所属指導選手(滝沢愛香里,滝沢愛香音)茨城県代表選出.JOCジュニアオリンピックカップ全国都道府県対抗中学校バレーボール大会出場決勝トーナメント出場(レギュラー出場),大阪府 2009.12
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSun GAIA監督兼ゼネラルマネージャー着任時同球団所属指導選手(上場雄也)全日本代表選出.第5回東アジア競技会バレーボール競技出場,準優勝(ベストスコアラー),中国香港 2009.12
松田裕雄 つくばユナイテッドSun GAIA Jr.ユース監督.ジャパンヤングクラブカップ第12回全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会U-14女子の部ベスト8 2009.9
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSunGAIA監督兼ゼネラルマネージャー.2009 Vサマーリーグ決勝大会第3位 2009.9
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSunGAIA監督兼ゼネラルマネージャー.2009 Vサマーリーグ東部大会第1位 2009.7
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSunGAIAゼネラルマネージャー.2008/9V ・チャレンジリーグ男子バレーボール大会第4位 2009.3
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSunGAIAゼネラルマネージャー.2007/8V ・チャレンジリーグ男子バレーボール大会第3位 2008.3
松田裕雄 VリーグつくばユナイテッドSunGAIAゼネラルマネージャー.2006/7V ・チャレンジリーグ男子バレーボール大会第4位 2007.3
松田裕雄 つくばユナイテッドSunGAIAゼネラルマネージャー.第26回実業団6人制バレーボール「地域リーグ」優勝(Vリーグ昇格) 2006.4

▲戻る

企業研修等指導業績

指導者名 指導内容等 指導年月
松田裕雄 スポーツと人づくり・場づくり・まちづくり.守谷市役所管理職会研修会,茨城,守谷市 2019
松田裕雄 スポーツを利活用する.龍ヶ崎市管理職・議員研修,茨城,龍ヶ崎市議会文教福祉委員会 2019
松田裕雄,三浦卓広,望月美佐緒 バレーボールを活用した実戦型マネジメント研修.全日本空輸㈱,㈱本田技研,㈱ルネサンス,日本財団他 2014~
松田裕雄,平山素子 創作ダンスを活用した実戦型能力開発研修.ANAエアポートサービス㈱ 2019~
松田裕雄 関東東第二ブロック五局リーダー・マネジメント研修.㈱ジュピターテレコム,千葉 2018
松田裕雄,蓮見孝,渡和由 スポーツマネジメントリテラシー向上研修.茨城県政策企画部,茨城 2018~2019
松田裕雄,岡田幸彦,蓮見孝,渡和由 スポーツマネジメントリテラシー向上研修.茨城県下妻市建設部,茨城 2018~2019
松田裕雄,髙橋義雄,渡和由 スポーツマネジメントリテラシー向上研修.栃木県佐野市観光スポーツ部,栃木 2017~2018
松田裕雄 福島県大熊町大河原地区におけるスポーツを活用した再開発に関するワークショップ,UR都市機構.茨城 2015
松田裕雄,渡和由 晴海地区東京五輪選手村跡地利用におけるスポーツレガシー事業策定に関するワークショップコーディネーター,㈱電通.東京 2015
渡和由,松田裕雄 さいたま市浦和美園地区活性化検討ワークショップコーディネーション.埼玉  (全3回) 2014-2015
松田裕雄 文化としてのスポーツ ジュニア期のスポーツ.平成26年度スポーツリーダー養成講習会兼スポーツ少年団認定員養成講習会茨城県講習会.茨城 2014.6
松田裕雄 文化を産業にしていく実業家達-スポーツ環境デザインのビジネスモデル-.SPORTEC2014,SPORTEC実行委員会 ㈱クラブビジネスジャパン,東京 2013.12
松田裕雄 地域におけるスポーツ振興 文化としてのスポーツ ジュニア期のスポーツ.平成25年度スポーツリーダー養成講習会兼スポーツ少年団認定員養成講習会茨城県講習会.茨城 2013.8
松田裕雄 部活動指導者不在の高等学校指導プロジェクト,FLVユースサマーキャンプ2013.茨城県 2013.7
松田裕雄 Good Sports Good Future-楽しいことでビジネスしよう!国際基督教大学高等学校キリスト教週間「マルチイベント,東京 2012.6
松田裕雄 キャリア形成とスポーツ&ビジネス-筑波大学産学連携スポーツ・アントレプレナーシップ教育の取り組み.キャリア・クロス会(公益財団法人日本生産性本部)3月例会,東京 2012.3
松田裕雄 スポーツイベントやスポーツ活動を通しての学生スポーツと地域の活性,学校法人国際総合学園JAPANサッカーカレッジ特別講座,国立オリンピック記念青少年センター 2010.1
松田裕雄 関東広域学校機関における訪問型バレーボール指導ツアー‐コカ・コーラゲストコーチキャンペーン,NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL 2008-2010
松田裕雄 スポーツイベントやスポーツ活動を通しての学生スポーツと地域の活性,学校法人国際総合学園JAPANサッカーカレッジ特別講座,つくば国際会議場 2008.3
松田裕雄 スポーツイベントやスポーツ活動を通しての学生スポーツと地域の活性,学校法人国際総合学園JAPANサッカーカレッジ特別講座,筑波大学 2007.3
松田裕雄 大学発,地域との関係性を拡げるスポーツイベントの展開-イノベーション効果を誘発するイベントとは- .総合型地域スポーツクラブ育成実践講座(練馬区教育委員会),練馬区役所本庁 2006.11
松田裕雄,佐藤由法,都澤凡夫 多世代型地域教育事業の展開‐総合型地域バレーボールクラブ「TEAM SunGAIA」.NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL,茨城県 2006-2010
松田裕雄 医歯薬學系学生のためのバレーボール教室「メディカルオープンバレーボールセミナー」,メディカルリーグ実行委員会,茨城県 2003-2005
奥富庸一,松田裕雄,ほか 子育て支援のための保育付きママさんバレーボール教室「MOMすぽ」,MOMすぽ実行委員会,茨城県 2003-2004

▲戻る

その他指導業績

指導者名 指導内容等 指導年月
松田裕雄 立正大学法学部 非常勤講師 2019.4.1~ 現在
松田裕雄 流通経済大学スポーツ健康科学部非常勤講師 2007.4.1~ 2008.3.31
松田裕雄 筑波大学体育センター非常勤講師 2005.4.1~ 2006.3.31
松田裕雄 文教大学情報学部「体育・スポーツ」 2005.4.1~ 2006.3.31
松田裕雄 二松学舎大学国際経済学部「スポーツと科学」 2005.4.1~ 2006.3.31

▲戻る

実技・作品

氏名 実技・作品名 発表年月
田中和弘,松田裕雄,旦部聡志,畠山沙央里 Sports Management Group ビジネス.丸の内起業塾第七期ビジネスプランコンペ第二位,東京 2011.7
松田裕雄,吉岡利貢,河村レイ子,桐生習作,金谷麻理子,武田丈太郎,門野洋介 大学体育の価値向上に向けた一考察-教育実践における目標・教授・学習に着目して-.大学体育学,第9号,pp.69-92  (平成24年度大学体育優秀論文賞受賞.一般社団法人全国大学体育連合,2012.8) 2012

▲戻る

産学連携型研究プロジェクトからの起業と経営活動実績

活動者名 活動内容等 活動年月
松田裕雄 株式会社Waisportsジャパン/代表取締役

筑波大学発ベンチャーとして起業し,創業以来5期連続約180~200%の伸び率で売上を成長させている。スポーツの構造と機能を活用した人材開発事業(コンテンツ事業)と地域再開発事業(プロジェクトマネジメント事業)及びコンサルティング事業を展開すると同時に,近年は卒業生を中心としたアントレプレナー人材への投資育成事業を展開している。

(基礎となった研究)
ⅰ.補助金研究(筑波大学国際産学連携本部)筑波大学産学連携推進プロジェクト・ベンチャー創業プロジェクト『地域創生に寄与するストック活用型リノベーション手法の研究開発‐猪苗代湖志田浜周辺区域のスポーツ資源を通じた再開発実践』(研究代表)2015-2018

2015.7 – 在籍中
松田裕雄 合同会社アスリートライフ/社員・顧問

筑波大学発ベンチャーとして起業した。アスリートのセカンドキャリア支援事業を開発し,研修事業から有料職業紹介事業を一体化させたシステムを構築展開し,独自に設計したアスリート人材の集まるプラットフォームサイトには現在3000名を超える会員が登録している。一方でアントレプレナー的素養を有するアスリート人材の発掘にも力を入れており,創業以来起業を支援した人数は10名を超える。

(基礎となった研究)
ⅰ.共同研究(㈱スポーツビズ)『スポーツアスリートの職能・人的ネットワーク・雇用機会を拡大・拡充させる教育プログラムに関する研究』 2011.4 – 2014.3(研究代表)
ⅱ.平成25年度筑波大学産学連携会ベンチャー助成金採択事業(筑波大学産学連携会)『トップアスリートのセカンドキャリア活性化を支援する教育講座』2013.6(実施代表)

2012.11 – 2020.4
松田裕雄 NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL/代表執行理事

筑波大学バレーボール研究室及びバレーボール部の持つアセットを活かしたプロバレーボール球団を創業した。企業所有型トップスポーツ球団ではない起業型トップスポーツ球団経営を提唱し,事業プロデューサー及び現場ディレクターとしての業務を担当する。産官学連携のマルチサイドプラットフォーム型ビジネスモデルを立案し,日本初のスタイルとして設立した。多角的な事業を展開し,売上と戦力を伸ばし,実業団リーグ優勝,Vリーグ昇格にまで導く。2010年に別会社に身売りし,解散した。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.寄付研究(旧NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL)『21世紀型ユニバーサルプロスポーツクラブの開発-起業スポーツの実践と確立-』 2006.4 – 2010.3 (研究副代 表)
ⅱ.助成研究(旧松下教育財団)『大学発総合型地域スポーツクラブによる地域教育プログラムの開発と組織体制の開発』 2006年-2007年(研究副代表)

(主なメディア掲載実績)
ⅰ.松田裕雄,加藤陽一:TV特集放映(JSPORTS),JSPORTSワイド青島体育学院茨城の旅後編,2010.
ⅱ.松田裕雄:TV番組収録放映(NHK総合テレビジョン),こんにちは1都6県 この街のイチオシさん-大学と地域のスポーツ,2009.10
ⅲ.加藤陽一,松田裕雄:TV番組収録放映(NHK総合),土曜スポーツタイムアナザー・ストーリー原点の地で有終の美を~バレーボール 加藤陽一~,2009.8
ⅳ.松田裕雄:TV番組収録放映(NHK総合),ニュース つくばユナイテッド立ち上げインタビュー,2005.3

2006.4 – 2010.3

▲戻る

産学連携型研究プロジェクトからの新規コンテンツ事業開発実績

活動者名 活動内容等 活動年月
松田裕雄 チーム競技スポーツの機能と構造を活用したマネジメント能力開発研修事業『文武両道場Dual Challenge Program』(事業統括・プログラム開発責任者)

バレーボール競技の特徴を活かした管理層及び経営層向け研修プログラムである。高校・大学バレーボールチームの指揮官体験を起業体験に見立てて挑戦し,「人を巻き込む意思決定」,「ひと・環境・結果との向き合い」を体験することで,経営者的リーダーとしての起業家的資質や能力を開発し,実務パフォーマンスを高めていくことを目的としている。このコンテンツの研究開発からマーケティング,営業,実行までを全て手掛け,毎年事業規模を拡大し続けている。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.補助金研究(日本学術振興会)『新しい大学体育モデルの構築プロジェクト』 2008年 4月 – 2012年 3月 (分担 グループリーダー)
ⅱ.共同研究(フランクリンコヴィージャパン㈱)『スポーツ実技指導を通じたマインドセット教育の効果的質的向上に関する研究』 2013年 10月 – 2014年 3月 (研究代表)

(主なメディア掲載実績)
ⅰ.テレビ東京 ワールドビジネスサテライト(2018/8/1)特集放映
ⅱ.NHK おはよう日本(2018/8/6)特集放映
ⅲ.NHK WORLD-JAPAN(2018/9/3)特集放映(海外配信)
ⅳ.Channel Japan(2018/9/16)特集放映(海外配信)
ⅴ.日本経済新聞(2018/9/18)「管理職,スポーツに学ぶ 研修で監督役,チームの力引き出す」
ⅵ.日経BP社 日経トップリーダー(2018年11月号)「女子高バレー部の監督体験 不測の状況を打開する管理職研修」
ⅶ.ベースボールマガジン社 コーチング・クリニック(2019年10月号)「実戦型研修プログラムから考える,よきチームをつくる組織論」
ⅷ.産労総合研究所 起業と人材(2019年11月号,12月号)「私がバレーチームの監督に!?(前編・後編)
ⅸ.アイティメディア㈱ IT mediaビジネスオンライン(前編2019/10/24 後編2019/10/30)
ⅹ.ベースボールマガジン社 コーチング・クリニック(2020年5月号)「選手の個性を引き出すチームビルディング」

2015.8~
松田裕雄 創作ダンスの機能と構造を活用したマネジメント能力開発研修事業『文武両道場Value Co- Creationプログラム』(事業統括・プログラム開発責任者)

創作ダンスの特徴(型がなく抽象的な概念をチームで体を使って表現し,ひとつの作品に仕立てる。時代の社会様相を反映するためコンテンポラリーダンスとも呼ばれる)を活かした主任層及び管理層向け研修プログラムである。体を整え(コンディショニング),創作ダンス作品をゼロからチームで創り上げ,発表会にて発表することに挑戦し,「価値共創」,「チームビルディング」,「自他との向き合い」を体験することで,組織におけるマネージャーとしての資質や能力を開発し,パフォーマンスを高めていくことを目的としている。スポーツ運動学,心理学,組織行動学,サービス工学を融合させた独特のプログラムとなっている。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.補助金研究(日本学術振興会)『新しい大学体育モデルの構築プロジェクト』 2008年 4月 – 2012年 3月 (分担 グループリーダー)
ⅱ.共同研究(フランクリンコヴィージャパン㈱)『スポーツ実技指導を通じたマインドセット教育の効果的質的向上に関する研究』 2013年 10月 – 2014年 3月 (研究代表)
ⅲ.寄付研究(㈱Waisportsジャパン)『創作ダンスの構造と機能を活用した能力発掘プログラム』 2019年-2020年

2018.10~
松田裕雄 地方公園の総合スポーツエンタテイメント空間化の企画設計運営『スポーツパーク』(事業統括・企画設計責任者)

日本の伝統夏祭り文化と欧米の象徴スポーツ文化(バスケ,ダンス,バレー,サッカー,モータースポーツ等)を融合させ,新たな賑わい空間を作り出すプロジェクトである。地方の夏祭り空間に,座り場,遊び場,魅せ場,食べ場,励み場,踊り場等9つの場がひとつになって出現する場を創り出す。スポーツアトラクションブース,フィジカルケアブース,センターコート&ステージを同時に設置開催し,総合エンターテイメントを実践する。2日間で約20000人の集客を実現し,現在5年連続開催中である。国交省の推進するパークPFI定着に向けた社会実験的機能も果たしている。
FIBA(国際バスケットボール連盟)と連携協定を結んだ㈱ゼビオのブランド「3X3.EXE」プロ部門の世界大会誘致コンセプトに使用され,宇都宮で誘致成功したワールドツアー大会開催の引き金となった。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.寄付研究(㈱Waisportsジャパン)『スポーツ環境デザインとビジネスマネジメント』 2014年-2019年

(主なメディア掲載実績)
ⅰ.TV特集放映(JCOM茨城),茨城人図鑑,2017

2015.8~
松田裕雄 スポーツマネジメントに関するオーダーメイド型研修事業『寺虎家』(事業統括・プログラム開発責任者)

スポーツサイエンスを活用して場のパフォーマンスを高めたいクライアント(例えばスポーツビジネス事業者,トップ競技スポーツチーム,競技団体,一般企業,地方自治体等)に対し,現況を調査の上,オリジナルのプログラムを構築・提供し,スポーツ指導者,地方創生マネージャー,スポーツマネジメント人材,起業家的人材等の発掘育成に寄与していくことを目的としている。これまでの主な受注先は,㈱スポーツビズ,下妻市,茨城県,龍ヶ崎市,守谷市,㈱北海道日本ハムファイターズ,㈱ジュピターテレコム,大熊町等が挙げられる。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.寄付研究(㈱Waisportsジャパン)『スポーツ環境デザインとビジネスマネジメント』 2014年-2019年
ⅱ.補助金研究(日本学術振興会)挑戦的萌芽研究『スポーツ産業市場を活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』 2010年 4月 – 2014年 3月
ⅲ.補助金研究(筑波大学産学リエゾン共同研究センター)産学連携プロジェクト・アントレプレナーシップ教育及び知財教育プロジェクト『スポーツビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』 2011年-2014年

松田裕雄 スポーツマネジメントビジネスに関する専門職講座『筑波大学産学連携講座「醒めて起て!勇者の鼓動ースポーツの価値とビジネス,キャリア,マネジメント」』(塾長・総責任者)

文化を産業にすることはどういうことか?起業家的人材とはどういうことか?をテーマにスポーツで価値創造をする起業家たちを勇者としてオムニバス形式で招聘し,独自の教材コンテンツでビジネスとキャリアについて学習を提供する。 毎年一般ビジネスマンを対象に1~3月で10回程度開催し,毎年60名程度の受講者が受ける。知識・知恵・人脈の提供が主な提供価値であり,様々なビジネスイノベーションが起きることを狙いとしている。 3年連続開催し,終了した。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.補助金研究(日本学術振興会)挑戦的萌芽研究『スポーツ産業市場を活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』 2010年 4月 – 2014年 3月
ⅱ.補助金研究(筑波大学産学リエゾン共同研究センター)産学連携プロジェクト・アントレプレナーシップ教育及び知財教育プロジェクト『スポーツビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』 2011年-2014年

(主なメディア掲載実績)
ⅰ.WEBインタビュー取材記事掲載(㈱スポーツITソリューション),Sportie.comスポーツを仕事にしたい人必見! 実践型スポーツセミナー「勇者の鼓動」,2013
ⅱ.雑誌インタビュー取材記事掲載(ベースボールマガジン),コーチング・クリニック2月号:突撃!研究室訪問 スポーツを産業に!松田裕雄,pp87-89,2013

2012.1~2014.3
松田裕雄 社会人向け国際トップスポーツリーグの企画設計運営『FLVインターナショナルクラブバレーチャンピオンシップ』 (リーグディレクター・総責任者)

平均寿命の延伸と共に競技スポーツ寿命が長くなり,社会人の競技スポーツを楽しむ志向も世界的に多様化したことを受け,新しい生涯スポーツを提唱することを目的に興した事業である。
地域(全国~海外),世代(子供~大人),志向(ボトムからトップレベル)を越えたスポーツ・バレーボールの賑わいの創造を目的に開催したバレーボールイベントである。地域観光資源×スポーツという観点で企画し,20年間で当初参加12クラブから現在参加約200クラブにまで拡大した。最後の決勝ステージでは海外及び国内のトップクラブが集結し,チアリーダークラブチームの大会も兼ねた新しい試合形式を開発する。企業にとっては,スポーツコミュニティを活用したスポーツマーケティングマネジメントであり,バレーやチアの参加クラブにとっては種目を越えたコミュニティマネジメントであるというプラットフォーム型イベントとなっている。近年は大手メーカーと連携し,BSでの放送配信を企画中である。

2000.12~ 現在
松田裕雄 プロスポーツチームの産学官民連携型ホームゲームの企画設計運営『Vリーグ・ホームつくばの陣』(エグゼクティブプロデューサー・企画設計責任者)

Vリーグホームゲームや各種イベントにおける企画プロデュース及び現場陣頭指揮,チケットマーケティング統括,広報プロモーション統括,運営マニュアル策定等を担ってきた。主な成果は,Vリーグ(チャレンジリーグ)内で3年連続首位・集客数平均3,000名を記録し,年間売上高約2,500万円の売上高を残したことなどが挙げられる。

2005~2009
松田裕雄 総合型バレーボールスクールの企画設計運営『TEAM SunGAIA』(塾長・指導及び運営責任者)

つくば市内に多世代型のバレーボールスクールを開業しその指導カリキュラム開発,イベント企画開発,指導者育成及びマーケティング活動を主導してきた。主な成果は,立ち上げから手がけ,塾生数150名,外回り出張指導を含め年間指導実績は約8,000名という指導実績を残したことや年間約700万円の売上を残したことなどが挙げられる。

2006.4~2010.3
松田裕雄 トップチームグッズ及びアパレルブランドの企画設計運営『Sun GAIA station』 (開発販売責任者)

グッズ及びアパレル製品の企画開発,デザイン及び在庫管理統括,営業戦略立案実行統括,流通管理統括を行ってきた。主な成果は,学校指定ウェアを4件受注し,年間売上高3,000万円を残したことなどが挙げられる。

2006.4~2010.3
松田裕雄 地方創生を意図した全日本大学選手権大会事業のプロデュース『東西インカレバレーボール男子王座決定戦』(エグゼクティブプロデューサー・企画設計運営責任者)

大学トップスポーツイベント(夏のバレーボールインカレ:2日間開催)をつくば市に誘致し,つくば市経済・社会活性化の事業として4年間連続開催するプロジェクトのビジョンづくりから企画設計及び稼働体制設計と執行,現場陣頭指揮までを手がける。主な成果は以下の通りである。
1)誘致前は集客数約200名であった本イベントを,新しい発想(競技会という発想ではなく産学官民融合のパークフェスタというコンセプトで様々な業界が関わる事業へ転換)で年々上昇させ最終的には12000名まで集客した。
2)グッズ等物販事業で約500万円(2日間)の売上を上げ,4年間で約1億円の経済効果をもたらし,地域には夏の風物詩として定着化された。
3)毎年総勢約400名近くの市民学生ボランティアが多世代的に関わることで市民同士の交流強化及びコミュニティ力強化を果たした。
4)4年間で醸成しきた地元市民や地元企業との間で磨かれてきた人的・金的・物的資源が,この次起業するつくばユナイテッドへ繋がっていくことで,イベント自体が持続的な経営体創出へのひとつのレバレッジとして機能を果たした。

2003.4~2006.11

▲戻る

プロジェクトマネジメント・再開発事業実績

活動者名 活動内容等 活動年月
松田裕雄 内閣府・国土交通省地方再生コンパクトシティモデル事業『スポーツ環境デザインプロジェクト(下妻市)』(プロジェクトマネージャー)

茨城県下妻市が国の指定事業(3年3億)申請にあたっての支援を行い採択となった。採択後は,プロジェクトマネージャーとして,地方創生官民連携事業におけるゼネラルマネジメント業務を手掛ける。具体的には,市のマスタープラン策定,官民連携型の事業スキームやビジネスモデル構築,資金調達法の考案,マーケティング事業の検討,地元人的資源の発掘,ストック利活用(県立公園水辺,屋根付多目的広場,空き家等)のための基本計画策定,事業コンテンツ開発を計画的一体型で3年間かけて取り組んでいる。(現在3年目最終年度中)
2年間の主な中途成果は,スポーツ環境デザイン的志向のもと,県立公園水辺空間全域(1周6キロ)の新基本計画を策定したこと,市街地に立地する屋根付外にぎわい広場の新基本計画を策定したこと,そしてマーケティングパートナーとして一般財団法人東京マラソン財団をリクルートし,下妻市と包括連携協定を締結させたことが挙げられる。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.寄付研究(㈱Waisportsジャパン)『スポーツ環境デザインとビジネスマネジメント』 2014年-2019年
ⅱ.補助金研究(日本学術振興会)挑戦的萌芽研究『スポーツ産業市場を活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』 2010年 4月 – 2014年 3月
ⅲ.補助金研究(筑波大学産学リエゾン共同研究センター)産学連携プロジェクト・アントレプレナーシップ教育及び知財教育プロジェクト『スポーツビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』 2011年-2014年

(主なメディア掲載実績)
ⅰ.読売新聞(2020/1/29)「下妻 スポーツで地域活性化 市と東京マラソン財団協定」
ⅱ.毎日新聞(2020/2/14)「砂沼周辺でランニングを」
ⅲ.茨城新聞(2018/9/3)「スポーツで市街地再生」

2018.4~
松田裕雄 内閣府・総務省地方創生推進事業『クリケットタウン佐野「地域価値創造マネージャー」採用支援兼地域プロジェクトチーム創生プロジェクト(佐野市)』

内閣府による「先導的スポーツまちづくり事業」及び「地方創生拠点整備交付金」の採択を受けた4年間10億円の地方創生事業「クリケットタウン佐野」の支援業務である。主には,担い手人材の発掘とコミュニティ創成(住民向けワークショップやセミナー),プロジェクト全体へのコンサルティング,そしてプロジェクト最高執行責任者の採用支援(ゼネラルマネジメント人材の発掘),以上3つを一気通貫で手掛けた。成果は,地元にクリケットタウン創生コミュニティを官民連携型で創生したことや地域価値創造マネージャーを250名の公募エントリーの中から発掘したことが挙げられる。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.寄付研究(㈱Waisportsジャパン)『スポーツ環境デザインとビジネスマネジメント』(研究分担) 2014年-2019年
ⅱ.補助金研究(日本学術振興会)挑戦的萌芽研究『スポーツ産業市場を活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』(研究代表) 2010年 4月 – 2014年 3月
ⅲ.補助金研究(筑波大学産学リエゾン共同研究センター)産学連携プロジェクト・アントレプレナーシップ教育及び知財教育プロジェクト『スポーツビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』(研究代表) 2011年-2014年

(主なメディア掲載実績)
ⅰ.産経新聞(2018/1/13)「クリケットで地方創生」
ⅱ.下野新聞(2018/2/8) 「クリケットのまち考察 佐野市ワークショップ第二章」
ⅲ.日本経済新聞(2018/2/20)「クリケット町おこし始動」

2017.10~2018.3
松田裕雄 プロ野球球団との地方創生プロジェクト『北海道茨城県スポーツエリアマネジメントプロジェクト(㈱北海道日本ハムファイターズ)』(プロジェクトマネージャー)

プロ野球北海道日本ハムファイターズの関東市場強化支援の一環として,茨城県南西エリアの拠点化を目指した再開発事業の構想,計画,実行までを一気通貫で手掛ける。
主に市場調査とPRのための新コンテンツ開発・展開,事業推進のための広域型官民連携スキームの構築と稼働,以上二点が活動の柱である。これを通じ,球団の市場開拓はもとより,エリア全域の人材教育,プロモーション(交流人口から関係人口増),社会経済活性(生産人口増),そこからの税収増と「人材や仕組みへの再投資」というエリア内の人とカネの流通に新しいダイナミズムとサイクルを生みだす令和型エコシステムの構築の実現を目指している。
3年間の主な成果は以下の通りである。新コンテンツ開発では,イースタンリーグの定期誘致や茨城PR事業(東京ドームチャレンジツアー)やキャンプ事業等年間3万人近くを集客した。官民連携スキーム構築については,10市町村の足並みを揃え,「スポーツを通じた官民連携プラットフォーム」を正式に結成し,エリア内規制強化や緩和,新制度設置等法的再整備へ向けた稼働体制構築へ大きく前進させた。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.寄付研究(㈱Waisportsジャパン)『スポーツ環境デザインとビジネスマネジメント』(研究分担) 2014年-2019年
ⅱ.補助金研究(日本学術振興会)挑戦的萌芽研究『スポーツ産業市場を活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』 (研究代表)2010年 4月 – 2014年 3月
ⅲ.補助金研究(筑波大学産学リエゾン共同研究センター)産学連携プロジェクト・アントレプレナーシップ教育及び知財教育プロジェクト『スポーツビジネスを活性化する起業家的人材育成プログラムの開発と実践』(研究代表) 2011年-2014年

(主なメディア掲載)
ⅰ.日本経済新聞(2017/9/1)「球団が街づくり救援」
ⅱ.北海道新聞(2017/2/6)「茨城で新プロジェクト」
ⅲ.茨城新聞(2018/6/12)「スポーツで街づくり プロ野球日本ハム 筑波大ベンチャー県南西8市と連携」

2017~現在
松田裕雄 新都市開発における調査提案業務『2020晴海地区選手村跡地におけるスポーツレガシーマスタープラン策定業務(㈱電通)』 (スポーツ開発部門責任者)

東京五輪2020で使用する選手村跡地における新しい不動産ビジネスにおける基本構想とビジネスプランの策定を手掛ける。マーケティング,サービスコンテンツ,ビジネスモデル等をスポーツ,住環境,エリアマネジメント,資産価値,使用価値,価値共創,サービス,健康をキーワードに様々なプレイヤーを集めながら策定していく業務の企画設計と進行管理を行った。最終的に地主である東京都及び13社JVの主幹ディヴェロッパーに対し,建売ではない新しいタウンマネジメント企画構想を提案した。

2015.7~2016.8
松田裕雄 東北復興開発支援業務『大熊ふるさと未来会議プロジェクト(UR都市機構)』(スポーツ健康関連コンサルティング兼プロデューサー)

帰宅困難区域のうち,避難解除令の出た福島県大熊町のスポーツ・健康を利活用するまちづくりへの企画設計と地域プレイヤーのリテラシー向上業務を手掛けた。具体的には大熊町職員への開発リテラシー向上を目的とした研修の企画実行からはじめ,高齢者と原発処理作業をする就労層を対象とした新しいまちづくり企画を立案し,最終的には町職員との共同作業で健康をテーマとした基本計画を創り上げた。

2016.9~2017.12
松田裕雄 旧リゾート民地の産学連携リノベーション開発における調査提案業務『猪苗代湖畔志田浜エリアのスポーツを活用した活性化事業(ゼビオ㈱)』(プロジェクト代表)

ゼビオ㈱の所有する区域にある観光ホテル及び周辺自然資本等を活用し,新たなにぎわいと町全体の新しい教育プロデュースを同時に実現する基本構想づくりを基本調査や社会実験と一体化で手掛けた。
猪苗代及び猪苗代周辺区域における「生活に関わる資本」状況の抽出,人口構成状況,自然環境状況,住民構成及び民俗性,地域内コミュニティの特性などの抽出,観光等県内,町内の入り込み状況とその結果要因の抽出,を行った。成果としては,基本構想として「猪苗代の資本を活用した固有のスポーツコンテンツ開発における開発スキームに関する計画」を策定した。

(基礎となった主な研究)
ⅰ.寄付金研究(ゼビオ㈱)『スポーツ環境デザインの開発と実践-福島県猪苗代町志田浜に着目して』(研究分担)2015-2016
ⅱ.寄付金研究(ゼビオ㈱)『地域資源を活用するプレイスメイキングとスポーツ環境デザインの研究』(研究分担)2014-2015
ⅲ.補助金研究(筑波大学国際産学連携本部)筑波大学産学連携推進プロジェクト・ベンチャー創業プロジェクト『地域創生に寄与するストック活用型リノベーション手法の研究開発‐猪苗代湖志田浜周辺区域のスポーツ資源を通じた再開発実践』(研究代表)2015-2018

2014.6~2016.2
松田裕雄 トッププロチームの陣頭指揮及び運営『Vリーグつくばユナイテッド』(監督1年・ゼネラルマネージャ3年)

2006~2008年まではGMとして選手編成,スタッフ編成に携わり,2009年からは監督としてトップチームの競技現場にたち,競技力向上のための指導業務を担ってきた。主な成果は,元全日本代表主将を選手としてリクルートしてきたこと,また所属選手を全日本代表として輩出したこと,また実業団大会では優勝し,Vリーグでは2度3位入賞を果たしたことが挙げられる。

2006.4~2010.3
松田裕雄 トップリーグ組織の改革プロジェクト『一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ)の中期改革プロジェクト』(Vチャレンジリーグ運営委員会 運営幹事)

Vチャレンジリーグ全体の運営について,幹事として年間のビジョン及び運指手法,各チームでの統一事項について調整を行う。またVチャレンジリーグの構造改革を実施し,8チーム制からの拡大路線を志向して,そのガイドラインを策定し,その後の入社チーム増加に貢献した。
・ホームゲーム小委員会 2008年10月 – 2010年3月
Vリーグにおけるホームゲームの集客UPのための全所属クラブにおける運営ガイドライン策定を手がける。ホームゲーム運営マニュアル制定の基礎を担った。
・委員・Vリーグ中期改革委員会 2008年10月 – 2009年4月
Vリーグの経営改革におけるビジョン作りを担当し,中期の経営目標及び人事組織に関するガイドラインを併せて提案した。
・委員・登録規定委員会 2007年4月 – 2007年9月
外国籍選手の帰化に関する問題,外国籍選手のチーム内保有数に関する問題について検討し,Vリーグとしてのスタンダートを決定した。

2007.4~2010.4

▲戻る

社会的業績

指導者名 指導内容等 指導年月
松田裕雄 日本財団 トップアスリート社会貢献活動奨励事業HEROs AWARD審査員 2017.6.1~現在
松田裕雄 ㈱ジェイコム土浦放送番組審議委員会審議員 2018.4.1~現在
松田裕雄 茨城県地域スポーツ資源活用検討調査委員会委員 2017.4.1~2018.3.31
松田裕雄 福島県浪江町健康関連施設検討委員 2017.12
松田裕雄 一般社団法人健康ニッポン スポーツ適性診断ソフトアドバイザー 2016.4.1~2017.3.31
松田裕雄 プロバスケットボールリーグBリーグ所属㈱茨城ロボッツ・スポーツエンタテインメント/顧問 2015.1~現在
松田裕雄 スポーツマネジメント学会第6回大会実行委員会委員 2013.12
松田裕雄 日本バレーボール学会第13回大会実行委員会副実行委員長 2008.3
松田裕雄 UR都市機構つくばスタイル協議会まち育て研究会協議委員 2008.10.1~2009.3.31
松田裕雄 公益財団法人日本バレーボール協会強化事業本部一貫指導普及委員会委員 2006.4.1~2010.3.31
松田裕雄 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構V・チャレンジリーグ男子運営幹事 2007.8.1~2010.5.10
松田裕雄 つくば市筑波大学地学連携協定事業「東西インカレバレーボール男子王座決定戦inつくば」エグゼクティブプロデューサー 2003.4.1~2006.8.31
松田裕雄 FLVインターナショナル・クラブバレーチャンピオンシップ リーグディレクター 2000.2~現在

▲戻る